Jun Mitsui & Associates Inc. Architects|Pelli Clarke Pelli Architects Japan, Inc.

About us

Mission statement

私たちの使命

私たちの使命は、街と建築のデザインを通して社会に貢献することです。それはつまり、街で過ごす人々の時間を少しでも豊かにすること、将来の世代に安全で快適な街を残してゆくこと、地球環境にやさしい街と建築を作り上げて、社会の永続性に貢献することです。私たちは、日本というフィールドで自国の持つ日本文化を基軸にしながら、地球上のどこへでも出掛けて仕事をしてゆきます。我々設計チームの創造力と知識、行動力とデザイン力を結集して国境や異なる文化を乗り越えて様々なプロジェクトに取り組み、世界中の街と建築の品質の向上、人々の生活環境の向上に少しでも貢献したいと考えています。

光井 純 / Jun Mitsui
AIA(米国登録建築家)、JIA(日本建築家協会登録建築家)

1978年に東京大学工学部建築学科を卒業後(辰野賞受賞)、岡田新一設計事務所で4年間勤務し、イェール大学建築学科大学院に進学。84年にAIA学生賞および最優秀作品賞(HIフェルドマン賞)を受賞して修士号を取得。その後シーザー・ペリ&アソシエーツジャパン(現ペリ クラーク ペリ アーキテクツ)米国建築事務所で勤務後92年に帰国し、ペリ クラーク ペリ アーキテクツ ジャパンを創立した。現在は光井純&アソシエーツと両社の代表取締役として、また日米両国の登録建築家として国内外の様々なプロジェクトに取り組んでいる。2007年にはAIAジャパンの会長も努め、グッドデザイン賞、BCS賞など受賞多数。

History & Philosophy

イェール大の大学院時代に師であるシーザー・ペリと出会い、1980年代のアメリカのポストモダン建築をペリ事務所で目の当たりにしたことが、私自身の設計活動の礎となった。縁あって、日本事務所を開設し、自分自身の事務所の開設に至ったのは、シーザー・ペリとの出会いが全ての始まりである。

建築デザインの目的は何であるのか――
それは街をより楽しく魅力的にし、そこで暮らす人々に喜びと安心を与えることである。これは、師であるシーザー・ペリの”デザイン オン レスポンス”という理念を基に、彼から受けた建築教育やこれまでのコラボレーションによって導き出された私なりの答えである。デザイン オン レスポンスとは、建築を「モノ」としてではなく、文化の一部、そして、優れた街並みの一部となって街と共に成長する、あたかも生き物のように捉えてデザインすることである。この考え方を受け継いで、敷地をとりまく自然環境、街並み、文化、歴史、そして建物に関わる人々、その他多くの設計条件に対して、的確なレスポンス[応答]を行いながら設計を進めていくことを大切にしている。シーザー・ペリがイーロ・サーリネンからデザインの哲学を受け継いだように、私もペリの哲学を受け継いで、私なりに展開、発展させて次の世代へと受け継いでいきたいと考えている。そして何世代にもわたって継続的に街づくりと建築作りに関わることが、我々建築家の使命だと考えている。

近年は海外でも多くの仕事に関わる機会が増えてきているが、文化や伝統の枠を超えて、人々が幸福だと感じる基本的な要件にはそれほど違いがないことが見えてきた。豊かで美しい自然、賑わいのある街、安全で豊かな表情を持った街と建築は、国境と世代を超えて普遍の価値を持ち続けることができる。私たちは街と建築作りの専門家として、最大限の努力を持ってクライアントと社会の期待に応え続けてゆきたいと思っている。

建築家 / Architect
シーザー・ペリ / Cesar Pelli

米国建築家協会特別会員(FAIA)、日本建築学会会員(AIJ)

1926年アルゼンチン生まれ。49年ツクマン国立大学建築学科卒業。54-64年イーロサーリネン事務所勤務。ケネディ国際空港のTWAターミナルなどを担当。68-76年グルーエンアソシエーツにおいて、ウイーン国連本部、在日アメリカ大使館などを担当。77年イェール大学建築学部長に就任し、シーザーペリ&アソシエーツ(現:ペリ クラーク ペリ アーキテクツ)を開設。

Contact

弊社サービス、設計業務のご相談、プロジェクトに関する事や採用情報など、お問い合わせフォームより承っております。お問い合わせ頂いた内容や記入にあたっての個人情報などは、お問い合わせ内容に関してのみ利用させて頂き、それ以外の目的には一切利用致しません。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

Contact