グランスイート鴨川

Gran Suite Kamogawa

Residential / 2015

用途 Residential
業務内容 Architecture / Interior
建築主 田辺宗
設計体制 設計・監理 / 光井純&アソシエーツ建築設計事務所
施工 -
延床面積 2,000㎡
階数・構造 6F, RC造
所在地 京都府京都市上京区青龍町
撮影 ナカサ&パートナーズ

プロジェクトについて

「グランスイート鴨川」は世界遺産である下賀茂神社に近接する、商業と住宅の複合施設である。事業主は漬物を製造・販売される京都の老舗であり、本プロジェクトでは、その老舗の歴史にふさわしいデザインであると同時に、未来の発展を示唆するデザインとは何かを事業主と共に考え、実現に導くことに成功した。

敷地は京都の街並みには珍しい約50mもの間口を持った河原町通りに面している。敷地内の既存集合住宅を残しつつ、漬物店舗の移転・改修工事、新築集合住宅、テナント新築工事という段階的な工期過程を経て、複合的な用途を一体的に開発することを目指して設計を試みた。第一のポイントに、既存建物との色彩の連続を考えること、そして同時に外観表層に細やかなきらめきの表情を作り上げることであった。第二は一階店舗部分には七宝文様をモチーフとしたガラスパターンや昔使われていた福瓦をショーケースのようにファサードの一部に取り組む外観デザインを作り上げてライトアップを行い、京都のスケール感を沿道に作り上げることであった。また、中層・高層の外壁タイルには、見る角度や光の当たり方により表情が変化するようにタイル面状と繊細な色の変化を効果的に用いて、低層部のガラス七宝文様との“表情”“柔らかさ”の連続性を表現した。

新築集合住宅のエントランスは、外から内へと連続する格子から漏れるやわらかい光により居住者をすまいへと導き、エントランスホール正面のアイストップとなる壁にはファサードのデザインモチーフと同じ七宝文様の組子格子を設ける事で、外から内への一体感を演出している。最上階のオーナー住戸からの眺望は、大文字山を眼前にして高野川と賀茂川が合流する稀有な眺望を一望できるよう、開放的な空間を実現した。

RELATED WORKS

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。