幕張パークタワー

Makuhari Park Tower

Residential / 2003

用途 Residential
業務内容 Architecture / Interior
建築主 三井不動産 三井物産 鹿島建設 清水建設 興和不動産
設計体制 デザインアーキテクト:光井純&アソシエーツ建築設計事務所、計画設計調整者:曽根幸一+大村虔一、設計監理:KAJIMA DESIGN+外構:曽根幸一・環境設計研究所
施工 -
延床面積 31,839.28㎡
階数・構造 33F/B1F, RC造/一部S造
所在地 千葉市美浜区打瀬1-2-2
撮影 黒住直臣
Award グッドデザイン賞2003

プロジェクトについて

この超高層は幕張ベイタウンセントラルパークと呼ばれる地区に計画され、同街区のシータワーと共にツインタワーを形成してる。開発当初から沿道型街路空間と中庭空間とがセットになった考え方で全体が計画されている。既存街区は今回の計画のスタイルとして参照され、都市空間の連続性と多様性を確保し、街に帰属することが重要である。周縁との連携を意識しながらデザインするにあたり、外部から自分の住戸が容易に認識できる配慮を行うことは、この集合体のなかで個人のアイデンティティーを「アドレス」することになる。

RELATED WORKS

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。