摩耶シティ NADA EXCEED

Maya City NADA EXCEED

Residential / 2014

用途 Residential
業務内容 Architecture / Interior
建築主 三井不動産レジデンシャル株式会社関西支店、JR西日本不動産開発株式会社
設計体制 デザイン監修 / 光井純&アソシエーツ建築設計事務所
施工 -
延床面積 12,600㎡
階数・構造 10F, RC造
所在地 兵庫県神戸市灘区岩屋北町3丁目5番1
撮影 黒住直臣

プロジェクトについて

摩耶シティ NADA EXCEEDは、ほぼ同時期に建設された摩耶シティ NADA FRONT(以下MCF)続くⅡ期目の集合住宅である。MCFに並んで駅側に向き、国道の三叉路に面した西のゲート的な位置づけとなる。さらに次期の隣接街区と向き合って、将来建設が計画されている北側の連続したA~D棟のデザインを繋ぎ合わせる結節点と位置付けられるのがこのプロジェクトである。

MCFのデザインボキャブラリーである白いフレーム、それに囲まれた各々のグリッドのレイアウトを用いながら、壁面に幾何学パターン、白いフレーム内にラスタータイルでつくるドットパターンにより、細やかで変化に富んだ表情をつくりだしている。建物の端部に施すグリッドデザインは、向かい合うMCF、将来の計画棟と関連性を持たせ、未来のデザイン性を暗示させる。エントランスは国道からブリッジを越えて渡る珍しいプランを利用し、白い雲の先の隠れ家に滑り込むような軽快な動線をイメージして、デザインを行っている。共用部インテリアは、ロビー、前室、ラウンジと性格の異なるスペースを繋いで、日本の伝統的な間の連続性と奥行き感を生み出す。仕様は、ライムストーンの面を前後させた凹凸のある壁面、様々な幾何学形状の照明を上下させた天井、モザイクタイルによる床で構成し、光や影の映り込みで自然の情景や映し出す工夫を行った。

RELATED WORKS

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。