幕張のまちづくり

Urban Planning for Makuhari

Urban Design + Planning, Residential, Commercial / 2019~

用途 Urban Design + Planning, Residential, Commercial
業務内容 Urban Design + Planning
建築主 -
設計体制 -
施工 -
延床面積 -
階数・構造 -
所在地 幕張若葉三丁目地区
撮影 黒住直臣

プロジェクトについて

幕張のまちづくりは、首都圏最大級の約17.5haという壮大なスケールをもつ幕張若葉三丁目地区に開発される「職・住・学・遊」がひとつになったミクストユースのまちづくりである。

私たちは、マスターアーキテクトとしてプロジェクトに携わり、デザインガイドライン策定を行った。ガイドライン策定にあたり、全米で一番住みたい街に何度も選ばれているオレゴン州ポートランドのまちづくりを多く手掛けてきたZGFアーキテクツと協働した。隣接する幕張ベイタウンとの連携や、最寄り駅となる海浜幕張駅からの導線計画、施設内部の賑わいを外部へ表出する仕掛け等についてワークショップを重ねた。
全8街区の内、広大な若葉三丁目公園を中心に6つの街区が取り囲み、各街区内にも住宅のみならず、複合用途を配置する事で昼夜人口の差を無くし、様々な目的をもった人々を呼び込む仕掛けを生み出した。
幕張海浜公園から若葉三丁目公園へつながる通り沿いには商業街区を連続させる事で、この地に訪れる方、住まわれる方の利便性を向上させ、歩いて楽しい街を目指している。

我々がデザイン監修を担当した「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(2019)が第一弾として誕生したが、ミクストユースのまちとして幕張新都心全体のまちの魅力向上につながることを期待している。

RELATED WORKS

関連記事がありませんでした

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。