日本橋三井タワー

Nihonbashi Mitsui Tower

Office, Commercial / 2005

用途 Office, Commercial
業務内容 Architecture / Interior
建築主 三井不動産 千疋屋総本店
設計体制 デザインアーキテクト/シーザー・ペリ&アソシエーツ、設計監理/日本設計
施工 -
延床面積 130,752.26㎡
階数・構造 地上38階 地下4階、S造 SRC造 一部RC造
所在地 東京都中央区日本橋室町2-1-1
撮影 川澄建築写真事務所、三輪晃久写真研究所
Award グッドデザイン賞2008/第48回BCS賞/ステンレス協会賞(2006)/照明普及賞(2006)/建築学会作品選集(2007)/Architecture in Perspective Award(2004)

プロジェクトについて

70年前にトローブリッジ・アンド・リヴィングストンにより設計され、重要文化財として指定された三井本館に隣接する新館計画である。思考の原点は、この偉大な歴史建造物が室町にもたらしてきた記憶、品位、誇りを受け継ぎ、さらなる発展へとつなげる意思である。この歴史建造物が保持している機能、プロポーション、リズム、形象、時が刻む風合い、といった側面のひとつひとつとの対話がこの建築を立ち上げていくことになる。銀行という閉じられた本館の機能は、新館のアトリウムという公共性の高い機能へと移行していく。ネオクラシズムのプロポーション原理を失わない透明性が達成される。

RELATED WORKS

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。