• TOP
  • WORKS
  • NHK大阪放送会館・大阪歴史博物館

NHK大阪放送会館・大阪歴史博物館

NHK Osaka Broadcasting Station, Osaka Museum of History

Office, Hall, Museum, Public / 2001

用途 Office, Hall, Museum, Public
業務内容 Architecture / Interior
建築主 大阪市 日本放送協会
設計体制 日本設計・NTT-F・シーザー・ペリ共同企業体+NHK技術局開発センター+大阪市住宅局営繕部
施工 -
延床面積 90,026.41㎡
階数・構造 18F/B3F, S造/SRC造
所在地 大阪市中央区大手前4-1-20
撮影 SS大阪、川澄建築写真事務所、稲住写真工房
Award 大阪まちなみ賞市長賞(2003)/公共建築賞(2006)

プロジェクトについて

NHKの放送会館と、市立の歴史博物館が一体の複合施設として計画されたものである。この地域では大阪の歴史的ルーツとされている難波宮の遺構が確認されており、この遺構群の軸線に合わせて建物を配置している。また、紡錘型の博物館は約45度向きを変え、大阪城天守閣に軸線を向けることによって歴史的建築と現代建築の織り込みを意図している。球体の皮膜を持つアトリウムは、ふたつの建物がジョイントする空間であり、ホール、BKプラザ、カフェなどの施設が面することによって数多くの人が集まる共有空間として機能する。両建物に、視覚的にも構造的にも緩やかに接続するように、軽く、薄くし、内部からの視線の透過、地面から天空への連続を実現している。夕刻となるとその皮膜は姿を消し、アトリウム内のアクティビティが浮かびあがる。

RELATED WORKS

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。