• TOP
  • WORKS
  • パークアクシス豊洲キャナル ・キャナルプレイス豊洲

パークアクシス豊洲キャナル ・キャナルプレイス豊洲

Park Axis Toyosu Canal , Canal Place TOYOSU

Residential, Commercial / 2015, 2014

用途 Residential, Commercial
業務内容 Architecture / Landscape / Interior
建築主 三井不動産レジデンシャル株式会社
設計体制 デザイン監修 / 光井純&アソシエーツ建築設計事務所、設計監理 / 東急建設
施工 -
延床面積 35,622.94㎡, 2,848.05㎡
階数・構造 19F/B1F, RC + 3F, S
所在地 東京都江東区豊洲6丁目
撮影 黒住直臣

プロジェクトについて

パークアクシス豊洲キャナル・キャナルプレイス豊洲は、東京五輪招致決定によって次々に開発が進む東京湾岸豊洲の一角を担う、賃貸集合住宅と商業施設のプロジェクトである。我々は豊洲地区3ー2街区のデザインガイドライン策定にも関わっており、この地区に建設を進めた「SKYZ TOWER&GARDEN」「BAYZ TOWER&GARDEN」に続いて、本プロジェクトのデザイン監修を務めた。

多くの関係者と共に策定したデザインガイドラインでは色彩や形態をコントロールし、一貫性を創出している。同時に、各街区の多様性を許容するつくりとし、街のあり方の指針を示している。街区を超えて連続する頂部のフィンデザインや、共通した幅の建物の分節表現で豊洲地区3-2街区のまとまりを創り出している。また、豊洲地区3ー2街区で東電堀に正対し、かつ海辺に近い特性から軽やかな「翡翠色」をその個性として採用している。さらに豊洲地区3ー2街区唯一の賃貸マンションでもあることから、水の煌めきを意識して千鳥調に見える手摺の配置するなど、賃貸ならではのデザインテイストも取り入れている。

ガイドラインを基にした「一貫性と多様性あるまちづくり」の良いモデルケースとなり、街のブランディングのもと、護岸沿いに住む人々の生活に新しい価値観を作り出したと自負している。

RELATED WORKS

CONTACT US

弊社サービス、設計業務のご相談、
プロジェクトに関する事や採用情報など、
お気軽にお問い合わせ下さい。